花と女性

海外の結婚写真事情

きれいな女性

私は国際結婚をしてイタリアで暮らしています。結婚式をあげたのもイタリアなのですが、こちらの新郎新婦が「結婚写真」にかける情熱は並のものではありません。こちらの結婚式と言うのはとても長いのですが(午前中挙式、お昼頃から披露宴パーティーをして夕方まで続く)、普通はその間専用のカメラマンを同行させありとあらゆる写真を撮ってもらうのです。その数は1000枚を超える事も。私たちの場合も例外ではなく、カメラマンを手配した後は入念な打ち合わせ。そして当日は新婦・新郎の各自宅を訪れ挙式前の支度の様子などもカメラに収めて行きます。あらためて見返すと、挙式中の写真よりも朝の支度の写真の方がより幸せみ満ちていて、親族の幸せそうな顔も見れて気に入っています。
その後は教会、披露宴会場に同行してもらい、各シーンを写真に撮り続けてもらいます。披露宴の時はカメラマンにも一席用意して食事をしながら撮ってもらうのです。日本の結婚写真を撮るのとはだいぶ違いますよね。気になる料金ですがだいたいは1000ユーロ前後です(約13万円~)。最初は高いなと思いましたが、出来てきた結婚写真(データとして全部受け取り可、現像はオプション)を見たらその出来上がりに大満足でした!

RECOMMENDED NEWS

結婚写真のフォトスタジオの探し方

花を持った女性

結婚写真を撮るのであれば、できるだけ良いものを残しておきたいですよね。結婚写真を撮ってもらうのであれば、やはり結婚写真を専門にしているフォトス…

MORE...

結婚写真で無駄なお金を使わない為に

仲睦まじい2人

私は結婚式を挙げる場所で前撮りをしました。前撮りの写真が総額70万かかりましたが、写真関係はすべて式を挙げる結婚式会場で撮られました。撮っただ…

MORE...

海外の結婚写真事情

きれいな女性

私は国際結婚をしてイタリアで暮らしています。結婚式をあげたのもイタリアなのですが、こちらの新郎新婦が「結婚写真」にかける情熱は並のものではあり…

MORE...